以前からずっと行ってみたかった川越を一人散歩してきました。
目的地は、小江戸とも言われる蔵のある街並みを歩くこと、おいしいと評判のベーグル屋に行くこと、駄菓子横丁をうろうろすることです。
駅を降りると、江戸らしい雰囲気は全くなし。
普通にファッションビルが並び、どこの駅にもあるコーヒーショップやファーストフードの店が並びます。
地図をGETして歩きますが、ここも肉屋や魚やが並ぶ普通の商店街で、少々不安がよぎります。
しかし、蔵の並ぶメインストリートに入ると、さっきまでの街並みは何だったんだというくらいの街並みの変化です。
蔵だけでなく、全ての建物が昔仕様。
背の高い建物はもちろんなく、全て2階建ての木造建築です。
建築規制があるのでしょうが、コンビニでさえも明治時代の建物に見えてきます。
ここで、目当てのベーグル屋さん「バニトイベーグル」に到着。
家族にヒミツで借金返済はできるのか?

何と、20種類ものベーグルが所狭しと並んでいます。
紅茶、イチジク、シナモンレーズン、トマト&バジル、オレンジピール、くるみ、かぼちゃ、焼きリンゴを購入しました。
その後、みたらし団子などを頬張りながら、駄菓子屋横丁を散策。
懐かしいお菓子やおもちゃにテンションが上がりました。
1日散策でしたが、とても1日では回りきれない川越の街。
2度目のぶらぶら散歩を計画中です。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。